ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。

ONE PIECE「ワノ国編」登場キャラクターまとめ


この記事は私がまとめました

「ワノ国編」登場キャラクターまとめ

asuho_manさん

麦わら海賊団

麦わら海賊団の船長であり、悪魔の実を食べて「ゴム人間」になった青年。年齢は19歳で父親は革命軍のトップであるドラゴン、祖父は海軍中将のガープ。義兄弟に故”火拳”のエース、革命軍幹部のサボがいる。
海賊として各地で暴れまわり、海賊のトップである「四皇」のビッグマムと死闘を繰り広げた。その結果、賞金首の価格も15億に跳ね上がり、海賊王に向けてさらに名を上げている。
現在はワノ国に上陸し、「四皇」のカイドウと対峙している。

海賊「麦わらの一味」戦闘員であり副船長的なポジション。両手・口の三刀流で世界の剣豪を目指している。
ワノ国では、花の都で浪人「ゾロ十郎」として内偵をしていた。ルフィと合流後におでん城に赴くが、方向音痴が災いしてはぐれてしまう。

海賊「麦わらの一味」航海士。一人称は「私」。
ワノ国には嵐に巻き込まれながらも上陸。おでん城跡でルフィと合流し、くノ一しのぶの下で「見習いくノ一」として任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の狙撃手。異名は「〝狙撃の王様〟そげキング」。
ワノ国では、花の都でガマの油売り「ウソ八」の偽名で、反乱の意志のある者に決戦の日と集合場所を記した札を渡して回る任についている。

海賊「麦わらの一味」のコック。異名は「黒足のサンジ」。永く仲間たちに隠していたが生い立ちはジェルマ王国・ヴィンスモーク家の三男。
ワノ国には嵐でルフィとはぐれながらも上陸。その後、おでん城跡でルフィと合流し、料理として人を集める任務を任される。

海賊「麦わらの一味」の考古学者でハナハナの実の能力者。歴史の本文の解読が可能な唯一の人物。
ワノ国では、花の都で芸者「おロビ」として、ワノ国を牛耳るオロチの軍勢の動向を探っている。

海賊「麦わらの一味」の船大工。全身が改造人間と化しているため異名は「鉄人(サイボーグ)」。
ワノ国では、花の都で大工「フラの介(ふらのすけ)」になりすまし、カイドウの屋敷を設計した棟梁に弟子入りして屋敷図を入手しようとしている。

麦わらの一味船医。「ヒトヒトの実」を食べ人の能力を持った人間トナカイ。万能薬(何でも治せる医者)を目指している。
一時はルフィとはぐれるが、おでん城跡で合流し、錦えもんの能力で忍者の衣装になる。

海賊「麦わらの一味」音楽家。超人系悪魔の実「ヨミヨミの実」の能力者で、死亡しても一度だけ蘇生できる「復活人間」。
ワノ国には嵐でルフィらとはぐれるものの。おでん城跡で合流し、食料調達の任務を任される

ルフィの関係者

ゾウの獣人民族・ミンク族を治めるモコモ公国の王。若い頃にネコマムシと共に光月おでんの付き人として付き添い他こともあり、光月家に対しては高い忠誠心を持っている。
錦えもん達先行組に少し遅れてワノ国に侵入。国内の内情をうかがっている。

ゾウはモコモ公国に住んでいるウサギのミンク。年齢は10代半ばくらい。 満月の夜には「月の獅子(スーロン)」になることが出来る。
ルフィ達がモコモ王国を尋ねた際に縁を持ち、イヌアラシとネコマムシの和解の後に麦わら海賊団に同行。ホールケーキアイランドを経て、現在はワノ国に潜入を果たしている。

ハートの海賊団の船長。オペオペの実の能力者で“死の外科医”の異名を持つ。本名は「トラファルガー・D・ワーテル・ロー」。
最悪の世代と呼ばれる11人の超新星の一人で、新世界編では王下七武海となっていたが、麦わらの海賊団との同盟及びジョーカー一党との交戦が原因で除名され、5億ベリーの懸賞金を再びかけられる。
現在はワノ国で黒炭オロチとカイドウへの反抗の機会を伺っている。

キッド海賊団船長。南の海出身の海賊で2年前のシャボンディ諸島に集まった11人の超新星の一角。 悪魔の実の能力者で磁力を操る。
新世界の途上でカイドウと遭遇し交戦するものの、敗北し左腕を失う。
その後は海楼石で拘束されて、ワノ国の囚人として収監されており、同じくカイドウに捕らえられたルフィと再会を果たしている。監獄内でルフィと労役の成果で競っており、意外と子供っぽい性格をしている。

光月家の関係者

ワノ国九里大名跡取りで光月おでんの息子。ベガパンクの造った動物系「人造悪魔の実」の能力者。
20年前、カイドウとオロチによって両親を失い、母トキの能力で家臣の錦えもん達と共に20年の時を移動してきた。

ワノ国の侍。光月家家臣。「狐火流」剣術と「武装色の覇気」の使い手である故、異名は「狐火の錦えもん」。
おでん城跡でルフィ達と再会し、光月家の過去やカイドウの本拠地・鬼ヶ島への討ち入り計画を立案した。

ワノ国の侍。光月家家臣。異名は「夕立ち カン十郎」。筆で描いた物を実体化させる悪魔の実の能力を持つ。

ワノ国の忍者。光月家家臣。異名は「霧の雷ぞう」。

お鶴の茶屋の看板娘であるが、それは仮の姿であり、錦えもんとともに20年前からやってきた侍の一人。

ワノ国のくの一。かつては錦えもんの妹分であったベテランくの一。現在はナミ(おナミ)をくの一として鍛えている。

錦えもんらの主君であり、将軍光月スキヤキの子息であった人物。破天荒な性格かつ自由人で暴力事件を繰り返し、花の都を追放され無法地帯「九里」に追放された。
しかし、その地で悪党どもの番格「アシュラ童子」を打倒し、秩序をもたらし九里大名の地位を与えられた。
20年前のオロチとの戦いで死亡したとされる。

モモの助の母親であり、おでんの妻。トキトキの実で錦えもんらを20年後に飛ばした人物。

ワノ国の人々

ルフィたちがワノ国で最初に出会った少女。悪魔の実の能力者らしく、頬をつまんで動物を手名付ける黍(キビ)団子を生成できる。

お玉手名付けられた動物。元々は百獣海賊団で飼われていた。

お玉手名付けられた動物。狒々同様に元々は百獣海賊団で飼われていた。

刀鍛冶であり、美少女こけしコレクターの天狗。お玉と暮らしていたが、彼女が体調を崩てしまったため町医者での治療をルフィに託す。
先祖には大業物21工を打った古徹がいる。

ゾロによって助けられてた、ワノ国九里「おこぼれ町」茶屋の主人。体調を崩したお玉に薬草を煎じた茶を飲ませて彼女を救った。