【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典

【ワンピースネタバレ】物語の核心。ラフテルはDの王国だった!【ONE PIECE伏線考察】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

海賊達が目指す最後の島。この島には。最後の秘宝「ワンピース」が隠されている。

現在分かってる情報
・20年前、ロジャー海賊団はラフテルにたどり着く

・ロジャー達は、世界の秘密を知る

・ロジャーは最後の宝をここに隠す

・ロジャーは病に侵され、自首する

・世界中の海賊に「宝を隠した」と伝える

・大海賊時代のはじまり

・多くの海賊は、ラフテルを目指す

「偉大なる航路」の最終地点。海賊王ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」が眠るとされている。

「偉大なる航路」の終着点にあるというわけではなく、ログの終着点でその存在に気付く事になり、唯一この島を確認したロジャー海賊団は、そこから大きく冒険をやり直したという。

出典ピクシブ百科事典

ロードポーネグリフを4つ揃えると

ロードポーネグリフを4つ揃えるには、カイドウに勝たないといけない。

そのため、世界政府もラフテルに行けない。

ロードポーネグリフの場所をまとめると
1つ目→ゾウのくじらの森に存在する【ミンク族が守っている】
2つ目→ビッグマムが所有している【ブルックが写しを奪い取る】
3つ目→カイドウが所有している【鬼ヶ島にある】
4つ目→今のところ分からない【黒ひげかシャンクスが所有している】

実は、3つのロードポーネグリフの場所は、既に判明しており、最後の一つだけが発見されてないようです。

出典http://wildones105.com/blog/5156/

ラフテルの正体は

800年前、Dの王国が栄えていた。しかし連合軍によって、滅ぼされる。

ラフテルは、国の形をしてるので、Dの王国と思われる。

ロジャー達は、ラフテルを探索する。ある程度、探索すると、巨大王国の正体が分かった。それはDの王国だった。

ロジャーは自分の出生を知り、ここで得た宝を、ある場所に隠した。バギーもワンピースを知ってるが、財宝じゃないので、興味がなかった。

ロジャー達は、ラフテルを去り、おでん様をワノ国に送る。

巨大王国は

人々は権力に縛られず、自由に生きていた。その証拠にロジャーとルフィは支配を好まない。

ラフテルにまつわる考察
・ラフテルの意味を調べると

・笑い話し

・笑いは自由を意味する【人々が笑って暮らせる時代】

・Dの思想は、自由な思想

・天竜人は権力の思想

・許可なく笑ってはいけない【フィルムゴールドより】

『ONE PIECE』を一言で説明するなら、

 世界貴族(天竜人)による「支配」
        vs
 Dの一族がもたらす「自由」

この二項対立で織り成される逆転の物語です。

世界政府には、海賊団、革命軍、政府非加盟国などの対立する存在があり、

・海賊団 ゴール・D・ロジャーの遺言によって海へと駆り立てられる
・革命軍 世界政府に対するクーデターを支援
・非加盟国 世界政府への加盟を拒みテキーラウルフに送られる

それらはいずれも、「D」と呼ばれる一族の意志、「自由」と結びつきます。

出典https://mag.comee.net/post-1718/

クローバー博士の研究では

クローバー博士は、王国の研究を長年続けている。そしてようやく王国の名前・思想が分かった。

その思想は、先ほど言った、自由な思想だ。

世界政府は、その答えを聞いて、消すことに決めた。

クローバー博士にまつわる考察

・ラフな姿をしている【王国の服装を再現している。自由な服装】
・自由な思想を知ったため、政府に消される【権力を否定する考え】

自由な思想が広まったら、政府に従う者がいなくなります。政府はそれを恐れて、オハラを消しました。

出典ワンピース掲示板

20人の王たちは

巨大王国を倒し、権力の時代を作った。

巨大王国の思想では、人々を支配できない。連合軍はその思想を潰すため巨大王国を滅ぼした。そして人々を支配する権力の時代を作る。

世界政府は、それぞれの国を支配する、1つの国家

イムは連合軍のリーダーだった

イムは800年前の人物で、謎に包まれている。

一説には、連合軍のリーダーだと言われている。

イムの歴史をまとめると

・800年前、イムはある王国の王様だった

・王国の思想を危険視する【反乱の火種になるため】

・イムは、各国の王を集め会議を行う

・他の国もその思想を恐れていた

・20人の王は、巨大王国を倒す

五老星の正体は

世界最高の権力者が天竜人。その中でも最高位が「五老星」と言われて納得できないのは五老星の容姿でしょう。あるものは胸元に凄まじい傷、ある者は顔面に大火傷のような跡、ある者は左半の顔に切り傷がある。

こいつら過去に大怪我してるとしか思えない傷跡が満載である。天竜人だったらあり得ないでしょ!ご存知のように天竜人は現在の神であり、蝶よ花よって扱いです。

たまに(チャルロス聖)のように下界の者にぶん殴られた事もあるけど、綺麗なものです。

天竜人の最高位が「五老星」ならば説明できいない。誰よりも過保護に生活してなきゃいけないのに、凄まじい傷跡が顕著である。まるで戦争を経験したかのような生々しい傷を体中に持ってる「五老星」が天竜人であり、その中でも最高位であるって…。

その傷は何なんだと。天竜人の中のトップが凄まじい生傷がある。800年前に「ある巨大な王国」を滅ぼした20の連合王国の初代の可能性が微粒子レベルで存在する…!?

出典ヤマカム

からの玉座の本当の意味

20人の王は、権力者が出ないよう、からの玉座を作った。しかし平等なのは、20人の王だけで、人々は支配される存在だった

世界の中心であるパンゲア城の玉座。
玉座を守るように地面に突き付けられた20本の武器は、かつて天竜人の祖先となる20人の王が立てた誓いである。

世界政府加盟国の王は虚の玉座のさらに下方の地面に20人の王と同様の誓いとして武器を突き立てる儀礼がある。

誓いの内容は「各国の王は平等、独裁の意志は持たない」「世界にたった一人の王などおらず、パンゲア城の玉座には誰も座らない事こそが平和の証」といった世界政府の理念を示すもの。それを体現するように天竜人の最高位で世界最高の権力者である五老星も複数人である。

出典ピクシブ百科事典