お菊(ワノ国)の正体くいな説、男説を検証【ワンピースネタバレ考察】


この記事は私がまとめました

お菊の正体くいな説とは?

くいなが男として生きていて、ワノ国のお菊として登場したという説。
要するに、くいなとお菊が同一人物という説。

身長は2m50cm~3mくらいだろうか。
ゾロにはでかい女と言われる。
なお、背が高い理由は、魚人の血だと考察。

【侍と拙者】
お菊は自分を侍と称し、拙者と自分を呼ぶ。侍とは「貴人の側に仕える男」。また、「拙者」も男が使う一人称。ただ、拙者に関しては、別に好みで女が使っても問題ではない。現実の現代でも、女の子が自己アピールのために拙者と呼ぶ人はいる。

女の侍がいるかだが「別式女」という、武芸を追求する女は日本にいた。ただ、ワンピースでは、普通に女侍(おんなざむらい)がいるという話でいいのではなかろうか。

支持するにしても、却下するにしても、説を把握しないと成立しない。
いきなり「お菊の正体くいな説」を掲げられても、実はついてゆけないので、3段階でアプローチし、その上で却下を宣言したい。
1.くいなとたしぎが別人であることを証明
2.くいながワノ国で出る話の信憑性を説明
3.お菊の正体がくいなとなれば不自然だと検証

くいながワノ国で登場説の発端は?

匿名掲示板で暴露された情報が発端となる。
ワノ国出てくると噂されているゲスト・キャラクターの話となる。
書き込み者は「今後の展開を知った者」と名乗っていた。

●ゲスト・キャラは侍剣士
●年齢は22歳
●女性人気が出そうな男キャラ
●黒髪で雰囲気はナルトのサスケのような感じ
●カイドウの下にいるが実は革命軍のスパイ
●最初は敵で、途中から味方
●ゾロと1対1の剣勝負で良い勝負
●ゾロは、ある刀をそのキャラと交換する
●イワンコフのホルモン注射で女から男になった
●これまで死んだと思われていたキャラ(新キャラの可能性は無し)
●ゾロとは昔、会った事がある

以上が、2017年の匿名掲示板で登場。ビッグ・マム編の最中だった。

【当チャンネルの見解】
作者サイドのスタッフ(作者本人ではなく編集の関係者など)による書き込みだと結論。その論拠は。
●くいなに決まっているのに、くいなだと語らないのは不自然。掲示板の閲覧者に考えさせようとする魂胆が見える。
●今後の展開を知った者が「勝手に」書き込むことは許されない。しかし、作者や編集者による依頼ならば、話は全く別。
●ビッグ・マム編が進まずイライラしている読者も居たので、次の舞台となるワノ国編の話を早くも実施し、ワンピースを盛り上げるために、スタッフが仕事をした。

つまり、くいなの話は本当に起こる展開だと結論。

ゲスト・キャラとお菊とを比較すると、お菊は22歳ではなく、もう少し年上。お菊がいくら刀剣使いでも、ゾロと互角だとは思えない。カイドウの下にいるとは思えない。女性読者が好みそうな、サスケ風の男からは遠い。容姿だけなら、男の読者が好みそう。お菊は敵として登場していないし、そもそものくいな再登場説の発端には、ほとんど沿っていない。

くいなが長身なのではなく、年齢差。
推定年齢はゾロの2つ上で、22歳。

たしぎは子供の頃にメガネなので、くいなとは別人だと作者は表現している。修行はそっちのけで、コレクションの方に興味が大きい。

当チャンネルでは素性を特定していて、父はコウシロウで、母はイワンコフ!

カマバッカの女王。
女が正体で、くいなの母親だと考察。コウシロウの妻となる。くいなが革命軍に入る道理は充分に満たす(親がいるから)。

イゾウはれっきとした男。女形(劇で女性役も男が演じる)の属性。
素性だが、藤虎イッショウとボニーの息子だと考察。ボニーの顔と、藤虎の名前がイゾウになっている。

女の姿をした男は確かにワンピースにいるが、イゾウは言葉や素振りも男だ。お菊の正体が男だとしたら不気味。カマバッカの男たちは、明らかに男だと分かるから許される。

お菊はモモの助の妻説(当チャンネルが発表する説)

●女の肌を知っている
●ロジャーと会った記憶
●ミンク族のイヌネコの仲がいい時期を知る
●おでん城が栄えていた時期を知る
●髪型は元服(成人)済み
●モモの助が登場する前、扉絵の桃龍は大人の龍

名前と紋章が一致。
モモの助の、母、娘、妻だと考察。

お菊は子供の頃からワノ国にいたろうから、くいなとは噛み合わない。お菊はゾロと会っても平然としている。

くいなもたしぎも小鳥の名前。コウシロウは鴻白で、オオハクチョウのこと。つまり、コウシロウの血を引くならば、鳥の名前である必要がある。実はコウシロウの母が海軍のつるで、つるの子孫が皆、鳥の名になる。

一方、菊が刀剣使いとなれば、刀の菊一文字が思い浮かぶ。対になる刀は虎徹で、天狗山 飛徹とお菊が血縁者だと考察できる。具体的には父と子だ。

モモの助と同等の服に、ツギハギの部分は、お鶴やお菊の帯の柄。お菊が男だとすると、モモの助と結婚できない^^;

モモの助の服……桃の花びら
お鶴の帯……水玉
お菊の帯……ストライプ(色が交互)

玉うさぎという桃の種類がある。
海軍・桃兎ギオンはお鶴の母親(高齢者)だと考察。

くいなではないとしても、まだ男という説は残る。しかしながら、「くいなが男として登場するワノ国で、他にも女に化けた男がいる」というのは不自然になる。

お菊のモデルはワンピース内の菊姫。隣には男もいる。
菊姫が女なのに、お菊が男というのはおかしい。

男の場合にモモの助と関係を作るには、兄弟が想定できる。しかし、そんな男がいるならば、光月の当主はモモの助でなくていい。また、お玉の母親がいなくなる。

結論はくいなでもないし、男でもない。

【侍と拙者について再考察】
お菊がモモの助の妻だとなれば、作者には「妻だと特定しにくいような細工」が必要となる。なんせ、お菊が登場して1週間位で、当チャンネルは「お菊がモモの助の妻」だと出している。また、他サイトの考察でも「錦えもんの妻」、「お玉の姉」など、ハズレながらも「既出キャラの近親や配偶者」という連想で考察が進んでいる。しかし、実は男だとなれば、「錦えもんの妻」、「お玉の姉」という説は崩れてしまう。つまり、だからこそ、「お菊は男?」という誤誘導を作者が設定する必要があった。作者のほうが後出しなのだ。

お菊は身体も心の底も女だが、光月家を取り戻すまでは男として生きると決め、拙者や侍を名乗ったと考察。別に他者から「キミは侍だ」と呼ばれたわけではない。名乗るだけなら、「ギャングスター ガスティーノ(正体はシーザー)」とか「(正体はアラバスタのイガラムな)ウイスキーピーク町長イガラッポイ」とかなんでもあり。

【お菊が刀剣使いである理由】
端的にいうと、剣士レイリーの孫娘だから。一例としては、レイリーと傘ババアの息子が、天狗山飛徹 飛徹(お玉の師匠)で、飛徹の娘がお菊。お菊の娘がお玉で、飛徹の実孫。ゾロもレイリーの孫に当たり、お菊とゾロはイトコ同士。ゾロのイトコなのだから侍が居てもいい。なお、レイリーとビッグ・マムの娘が鬼夫人アマンドで、アマンドと鬼人のギンの息子がゾロ。

お菊の娘・お玉


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35