ワンピースの「アン」は登場済み【ネタバレ考察】


この記事は私がまとめました

ロマンスドーン(ワンピースの原型)のヒロイン「アン」

ワンピースにもアンが登場しているという説がある。当チャンネルでも支持していて、その正体を解明したい。

パッと見、ナミに似ていることは確か。
なお、よく見ると髪は束ねていて、実はナミよりも髪は長い。

アンが上段中央にいるが、短髪時のナミよりも長い髪型。まあ、髪質はナミと一致。

当チャンネルでは、ナミはビッグ・マムの娘だと堅く考察している。となると、ナミの姉妹(ロマンスドーンのアンと似ていてもおかしくないキャラ)の中にアンがいるかも知れない。

ルージュ:女の子なら「アン」、男の子なら「エース」……、彼(ロジャー)がそう決めてた

そもそもロジャーはなぜ、女の子ならアンを指定したのだろうか? これはアンが誰なのかを特定してから述べたい。ネットの考察では、「なぜロジャーが、娘にアンを指定したのたか。なぜ、まずは女の子の場合の話をしたのか」という考察が抜けているので、ガセばかりだと言える。

実はこのシーンの次のページに、ダダンという名前が出てくる。

アンが登場済みという説には3パターン+後付け誤誘導

出典ameblo.jp

ボニー=アン説の基盤だが、まずは作者がアン・ボニーをモデルにしているという事実がある。しかし、次からはおかしい。
ルージュはエースの前後にボニーを産んでいて、ボニーはエースの姉妹でロジャーとルージュの娘という主張だ。父親がロジャー以外というのは却下。アンという名はロジャーに指定されたのであって、父親がロジャー以外ならば、アンにちなんでボニーにするのはおかしい。

最もおかしい部分は、現実世界のアン・ボニーを、ロジャー、ルージュ、ボニーが知っているわけがない。にもかかわらず、アンにちなんでボニーと名付けたり、名乗る道理が存在しないということ。

性転換画像では、オッサンが描かれた。つまり、正体は40歳代のオバサン。
ビッグ・マムの5女だと考察。シャーロット家5女エフィレは、アマンドの5女。ビッグ・マム海賊団では、配下のみなは、義理の兄弟姉妹。ブリュレが(政略結婚で)ヘマをして下っ端になれば、姪を「エフィレ姉ちゃん」と呼ぶハメになる。

「お兄ちゃん、じっとしてて」の声色をアニメで聞くことをおすすめ。ヤクザ口調のオバサン世代が、若い青年に向かって、「お兄ちゃん」と呼んでいることが判明する。このセリフをアニメで聞いたことのない人(忘れている人)が、ボニーの年齢や素性を考察をしても、絶対に真相にはたどり着けない。

ちなみに、ボニーは言葉巧みで、演技力も抜群。例えば、いもしない王太后コニーに化けて、門番をだますことに成功した。もちろん、くまのとの血縁は無い。

くまはビッグ・マムの夫の1人。
くまはボニーの義理の父親ではあるのだが、ビッグ・マムの子達は、42人の義理の父親が全員に存在。珍しくもなんともない。

容姿だけならば、ロマンスドーンのアンには最も似ている。
ナミとアンの名前つながりだが、I'm An.の逆読みでNamiが登場する。

説から導かれるのは、ナミの母親はルージュで、ポートガス・D・アンがナミの本名と言いたいわけだ。

ただ、ルージュは血を吐いて、ガープも真っ青になったのに、生きているのというのはおかしな話。悪魔の実の能力で胎児に寿命を提供して若返らせて成長を遅らせて、ルージュは寿命が無くなって死亡したのだから、生きているわけがない。つまり、エースの2年半後にナミを産むことは無理。

アトラクションのオリジナルで、歌姫アンというキャラも2017年に登場しているが、ダタンの正体がネットでバレているのを知り、誤誘導した模様。イベントのオリジナルキャラならば、ワノ国の「菊姫」など、本編とはパラレルワールドだと把握できるものがたくさんある。特に映画。

まあ、髪型というか髪質はダダンにソックリなので、ダダンがモデルという解釈としたい。アンナとかが本名でアンは芸名、ダダンの娘だという解釈でもいい。

ロマンスドーンのアンに充分に似ている。髪型はだいぶ違うけれど。しかしながら、歌姫アンとは髪質が近い。

名前のDアンで、ダンとなる。名前ならば、むしろダダンこそがマッチ。そして、何より、ダダンは史実(大航海時代の資料)のアン・ボニーの生き方とマッチするのだ。

視点を変えると、ダダンはナミにソックリ(髪の色、目の色、顔つき)。実の姉妹だからだと考察。ビッグ・マムの娘たちなので、39人の中の2人という話。ナミとコアラも似ているが、実は目の色は違う。コアラもビッグ・マムの隠し子でアンの妹(ナミの姉)。

ボニーと同等な金の輪ピアスの装着もチェック。

アン・ボニーの特徴とワンピースのアン&ボニー

★大航海時代の資料 → ワンピース のように記す
父親は政府高官 → 政府・海軍の高官ガープがアンの父親
捕まったが父親によって釈放される → 捕まる所をガープが見逃している
双子疑惑 → ボニーという双子姉妹がいる
離婚している → アンは空島パガヤと離婚
出産している → パガヤとの間に、コニス、ジーナ(フォクシー団)、イトミミズ(フォクシー団)、ミス・マンデーを産む。再婚したウルージとの間に、ピーマン(ウソップの故郷)、アイサ(空島娘)を産む。
服装で正体を偽る → 年齢で正体を偽る(本当は44歳なのに55歳になってロジャーの船員アンを隠す)

備考……ボニーもダダンと同様な設定。ボニーも赤犬や藤虎、ペコムズと離婚。少年漫画で離婚キャラが多いのは問題だが、ビッグ・マムの娘だから「政略結婚させられた」という設定となれば、反感は一気になくなる。

★ワンピースのアン&ボニーの誕生日
ダダン……8/30
ボニー……9/1
日付では2日のずれがだが、可能性としては25時間~71時間のずれの範囲。
同じ日には生まれなかったが双子といえる。次の日だと、例えば23:59と24:00のように、アッサリと双子を特定されるので、あえて2日後にして考察を回避させようとした作者。月をまたぐのもトリック。そして、トリックが存在することこそが、双子など、関係を隠したい証拠。
結論はダダン(アン)はボニーと双子。

参考……現実のアメリカで5週間(約35日)出産が ずれた双子がいる。2日ならば、充分に双子。

アンとボニーが関係者だということを表現している。

二人共に、ガープとビッグ・マムの娘。これが発覚すると、連鎖的に真相が発覚する。なので、予め多重の誤誘導が仕掛けられている。それでもバレてしまったので、「偽のビッグ・マムの娘を発表」という凶悪な誤誘導までされた。

史実のアン・ボニーとは設定が違いすぎる。更には、史実のアンとソックリなキャラクターが2人居て、まずはボニー。更にはダダンは、名前までもバッチリ一致。

ダダンが居なかった場合は不確定だが、ダダンがいる以上は、ナミ=アン説の成立する余地はない。

説を潰したい場合、「無理がある」という意見は無効。もっと説得力のある別の説明を用意することが決め手。

別のルートでも完全却下。ナミの父母は神ガン・フォール(ダジャレで秋ミカン)とリンリンだと特定できるので、ルージュの娘のわけがない。また、作者から「ナミは名前を生まれてすぐに付けられた」とある。真の名前からパーツが採用されることはあっても、逆読みはおかしい。ナツミカンが本名だと考察。

ベルメール「名前は言える?」
約1歳のナツミカン「アタチ、なっみきゃん」
ベルメール「ん? ナミちゃんでいいのかな? なんにせよ、名前がわかって良かった。私が名付けるなら、ベルメッポにする所だったわ。」

参考……1歳になれば、意味のある言葉を話せる赤ちゃんが通常。ナミは知性派キャラなので、1歳で名乗れてもO.K.

ローは「あだ名+屋」で冷静な時は他人を呼ぶが、ナミとゾロに対しては、ナミ屋、ゾロ屋と呼ぶ。差し当たりナミは本名ではないということ。(ゾロについては、当チャンネルの別のまとめで把握を。)

ナミとルージュが似ていると語る人もいる(差し当たり、瞳の色は一致)。当チャンネルはあまり似ているとは思わないが、ナミの実姉がルージュだと当チャンネルでも語っており、似ていることを認めるにしても姉妹が理由ということで。ルージュはマム7女、ナミはマム28女。こんなのがばれてしまったら、作者サイドは、「ビッグ・マムのニセ娘」を公表したくなろうというもの。「構想段階の資料」という言葉を利用して、偽者(正体はビッグ・マムの孫娘)が発表されている書籍もある。その情報を信じてwikiが記されているのでアテにならない。

Ginaの逆読みもアン。よって、ナミが逆読みでアンだからといって、アンになることはできない。順読みこそが決め手。

空島のパガヤは ひょろひょろだが、その体型が娘に出ている。ジーナを姉さんと呼ぶ弟のイトミミズも ひょろひょろ。コニスにだけ翼が出たので、元夫パガヤに置いていった。

一方、銀狐のフォクシー(シルバーズ・フォクシー)はレイリーの息子で誇り高い男。フォクシーのところにいるならば、ダダンも安心。

D+アダム+アンでダダンというあだ名となった。

宝樹アダムを生み出す能力者がいれば、ロジャーは仲間にしたろう。すでにバギーによって、能力の存在は確認できたのだし。

フランキーの三日月顔もチェック。

アダムの能力で、木の枝のように腕が生えた姿がカーリーと称されたと考察。

ダダンはあだ名で、カーリーは異名。

ダダンもビッグ・マムの娘だと考察している。娘の名前は甘い物関連になるが、「餡(あんこ)」はバッチリと甘い物。4女だと特定。シャーロット・アッシュはアマンドの4女。

年齢が55歳なのも、もちろん把握している。しかし、ボニーと双子で、ボニーが若返っているとなれば、片割れのダダンが年老いていることは、むしろ双子の証拠でこそあれ、年齢が確実に55歳だと決まったわけではない。

年齢トリックの話をしておきたいが、シュガーは22年前に生まれているのに作者は断固として10歳を主張。能力で変わった場合、変わった後の年齢(肉体年齢)がワンピースでは公式年齢。ダダンがボニーの能力で55歳になっていたら、44年前に生まれていようが55歳になる。なお、ビッグ・マムの娘でマムを裏切ったので、マムのお仕置きで寿命を抜かれて老いて55歳という考え方でもいい。ガープの娘で、ボニーと双子の44歳という事を把握できるならば、なぜ老いているかの特定までは必要ない。

ダダンは海賊からは「ボス猿」と呼ばれる。モンキーの血筋である裏表現。
アンは血筋としては、ガープとビッグ・マムの娘なので、シャーロット・D・アンが正体。マムを裏切ったのでモンキー・D・アンを名乗ってもいいのだが、ダダンはガープを父親だとは認めていない。なので、モンキー姓でもない。ダダンには苗字がないのが正確な所。

当チャンネルの見解だが、ロマンスドーンで登場した麦わらの少年はロジャーがモデルで、一緒に旅したアンというのはワンピースではダダンになった。つまり、ダダンはロジャー海賊団の船員だった。ロジャー団の血縁者が麦わらの一味だと堅く考察。アンの妹ナミが加わっているというわけだ。

ナミ……アンやボニーの妹(ボニーもロジャー団だと考察)
ルフィ……ロジャーの息子
ゾロ……レイリーの孫息子
ブルック……ギャバンの父
ウソップ……クロッカスの孫息子
サンジ……ゼフの義理の息子で、血縁では大甥(ゼフは団のコックだと考察)
チョッパー……ヒルルクの義理の息子(ヒルルクはクロッカスよりずっと以前から団の船医だと考察)、更にはイヌアラシと女ネコマムシの孫息子(ミヤギがチョッパーの父で、ミヤギの父がイヌアラシ、青系のサングラスが共通。イヌアラシは赤鼻。イヌアラシの元妻はネコマムシで元メス)
フランキー……ツキミ博士の息子(ツキミは団の科学者だと考察)
ロビン……オルビアの娘(オルビアは団の考古学者だと考察)
ジンベエ……レイリーの息子
ビビ……レイリーの孫娘(レイリーはアラバスタの前王でコブラの父親、プルトン王→冥王)
日和(お玉)……おでんの娘(時超えをしているので、玉手箱でドロンと妖艶なくノ一になって仲間に?)、(おでんは船大工、考古学者の属性も多少)
キャロット……ネコマムシの娘、アンやボニーの妹(ビッグ・マムの隠し子だと考察)

ダダン本人がガープやエースの家族だから。
身内の頭を、いきなり激しく殴る癖もガープと一致。

若いダダンのシーンだが、夢の中の若いダダンの前に、エースが現れて生活の邪魔をする。つまり、当時は本当は若いアンの前に、エースという厄介者を(ガープに)預けられてしまったという表現。

ウルージとの結婚はその後で、エースとウルージは義理の父と息子。ダダンも含め、3人は同じく じゅずの首飾りをする。

アン(ダダン)が宝樹アダムの能力者で、ロジャー団に居た。この事実があったとしても、ロジャーがアンの名前を娘につけることには繋がらない。
だが当チャンネルは特定した。独身のロジャーはアンにホれたのだ。しかし、ビッグ・マムの娘なのでとっくに政略結婚済み。ロジャーは人妻と結婚する趣味まではないので、アンの妹であるルージュを選択し、初恋の女の名前を娘に付けたかったという思考で解決。

現実で例えるなら、父親になった男性が初恋の女性の名前を娘につけるというケースで、充分にあり得る話。

ロジャーの子なのでD。DADANは、D+A(エース) & D+An(アン)となる。つまり、仮に男の子であっても、ダダンの名前の一部が付くということ。ルージュの台詞「女の子ならアン……」の次のページにダダンが出ているのも関連が深い証拠。

ダダンはロジャーの息子と称した赤子を受け取ったわけだが、ダダンはガープの娘で赤子は自分の甥だから、厄介者ながらも引き受けた。なお、ルフィもエースもダダンの甥なので、ロジャーの息子をエースだと勘違いした場合でも、双子のボニーの息子としてエースを預かった場合でも成立。

子育ての楽しさを思い出し、ウルージと再婚したという流れになる。

結論

アンは確かに登場していてカーリー・ダダンの正体。ダダンというあだ名にアンが含まれていることで決定的。ナミに似ている理由は、アンはナミの実姉だから。

余談1……ダダンとウルージの息子にピーマンがいると語ったが、アンが含まれている。ピイム+アンという名前の構成で、イムの部分は仏。つまり、仏のセンゴクの孫息子でもある。髪型もセンゴクと近い。センゴクとつる(空島ハーフ)の息子がウルージで、つるには翼が出なかったが、息子のウルージには出た。

余談2……ピーマン(ピイムアン)の名前がイムなら、先祖はイム様じゃないのかという意見は出よう。今の所、バッチリとした根拠は揃えられないが確信していることがある。イムの子孫に仏のセンゴクや神エネルがいると。つまり、ピーマンの先祖がイムというのも正しい。というか、登場人物で特に政府寄りの人物は、みんなイムとロックスの子孫では? その子孫達がビッグ・マムとかレイリー本人や彼らの子供たちと結婚し、更なる子孫は海賊や一般人として登場している。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35