ワンピースは120巻で終わる!残りの物語を考察してみた【ネタバレ】


この記事は私がまとめました

baseraさん

はじめに…

簡単にまとめると…
・海賊王ゴールドロジャーは、宝を隠す
・それが大海賊の始まりだった
・ルフィは、シャンクスに憧れて海賊になる
・そして海賊王を目指す!
・色んな島を巡り、仲間を集めていく!
・ルフィは、仲間達と共にラフテルを目指す
・ラフテルの宝を手に入れた瞬間、海賊王になれる

海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。

夢への冒険・仲間たちとの友情といったテーマを前面に掲げ、バトルやギャグシーン、感動エピソードをメインとする少年漫画の王道を行く物語として人気を博している。

また、長年にわたりながら深く練り込まれた壮大な世界観・巧緻な設定のストーリーも特徴。

2年後は

新世界の海は
4人の海賊によって支配されている

この4人の海賊は、4皇と呼ばれ
けた違いの力をもっている

ルフィ達は、4皇を倒し
海賊王への道を歩もうとしている

現在はワノ国で
カイドウ率いる百獣海賊団と戦っている

4皇とは

大海賊時代、偉大なる航路後半部・通称“新世界”にて皇帝のように君臨する4人の大海賊の通称。

いずれも幾つもの船団や拠点、傘下を従え、その戦闘の規模は「戦争」と言われるほど。
海賊王ゴールド・ロジャーの存命時には一切そのような存在の描写が無かったため、彼の死後に出来上がった勢力名と思われる。

現在、『四皇』と2つの勢力(『海軍本部』や『王下七武海』)が、海賊達の行く手を阻む、偉大なる航路の三大勢力と呼ばれ、新世界での海賊の生き残る道は「四皇に従うか、抵抗し続けるか」のどちらかと言われている。
新世界を支配する四皇たちの影響力は世界に及び、三大勢力のパワーバランスの崩壊は世界を混沌の時代へ導くことを意味する。

幹部でも王下七武海クラスの実力者、大幹部ともなるとその強さは王下七武海以上は当たり前、海軍本部最高戦力三大将とも渡り合える実力者達が揃う。

出典ピクシブ百科事典

尾田先生のコメント

今になっても新装再編版は出ても続編を出さないところが本当に伝説

尾田さんも今週のジャンプのインタビューで、編集部から「もっと続けてくれ」と言われたところで、それを聞く気もないですしね。僕が終わるのは僕の自由。って同じようなこと答えてる

これこそまさに「断固たる決意」 twitter.com/cat_chami/stat…

「僕が終わるのは、僕の自由」 尾田栄一郎先生が『ONE PIECE』を「終わらせる時」について語る #SmartNews
クライマックスを見たいような見たくないような。ファンとしては、尾田先生が描きたいストーリーをしっかりと感じ取ることが大事ですね! getnews.jp/archives/20632…

尾田先生や編集者さんの発言の中で、

「物語は8割程度まで来ている」とか、

声優さん達に「あと10年お願いします」と言った、

等と聞いた事がある。

現在のコミックスの発売ペースは、1年間に約4冊。

あと10年と言うと、ちょうど「120巻」あたりで完結を迎える事になるのかな。

出典ワンピース.Log 考察/伏線/予想/謎/感想/まとめ

残りの物語を考察!

剣だけで戦うルフィも見てみたい

あとレイリーとの修行で
剣も習ったと思われる

「この刀も借りるぞ 侍っぽい」と手にした刀を帯に挟むルフィを「やっ!!待てバカ者!!それはダメだ!!」と飛徹が慌てて止めようとします。

「我が先祖“古徹”が打ちたもうた世界に名だたる刀っ!!」という飛徹ですが、ルフィはなんとも思っていない様子。

「大業物21工に位列する!!その名も二代目鬼徹であるぞ!!!」と焦る飛徹を尻目に「キテツ?どっかで聞いたな」と思いつつも「いいや借りてこ」と手放さないルフィ。

イヤイヤダメだという飛徹に「じゃお前の刀と交換だ」とルフィが言うのですが、「これもまた名刀だっちゅーに!!」、さらに「そっちは“妖刀”わしは持ちたくない!!」と飛徹。

「妖刀ゆえ呪われてしまうぞ!!」と言われても、もちろんルフィはそんなことにはお構いなしでお玉を背におんぶして走って行ってしまいます。

着物に刀という侍の格好がよほど気に入ったようですね。

出典【ワンピース】912話のネタバレで二代目鬼徹が登場

ルフィ達は

とりあえずお玉を医者に見せる

そしてルフィ達は、江戸城?に侵入する

その城には将軍黒炭オロチがおり
カイドウと密約していた

▼将軍:黒炭オロチとは

ワノ国の「将軍」。カイドウと手を組んで光月おでんを処刑した。現在でもその関係は続いており、ワノ国の役人達は全員カイドウの息がかかっているという。

出典ピクシブ百科事典

▼真の目的を考察

黒炭オロチがヤマタノオロチの能力者であるなら、カイドウの支配を受けている事に疑問符がつきます。

単純にカイドウがそれ以上に強いという事ならアッサリ理解できますが、もしそうではなく、オロチが将軍の名に相応しい戦闘力を持つなら、カイドウの支配を受け入れた事に陰謀を感じます。

もしかしたら、オロチはカイドウを倒した後に百獣海賊団を乗っ取り、さらに世界政府も迂闊に手を出せない侍達を率いて世界に打って出るつもりであるかも知れません。

出典甲塚誓ノ介のいい芝居してますね!

キング・クイーンは
百獣海賊団の幹部

ジャックの時点で10億なので

この2人は10億超えと思われる

ルフィ1人だとキツイので
倒すならキッドやマルコの力が必要

上から画像を見ると

●カイドウ

●キング

●クイー(ン)

●ジャック

と書かれている??

しっかりと目を通したつもりになってたけど「こんな細かい所まで見ている方が居るのか~!!」と感動。

教えてくれた方に感謝です!

出典ワンピース.Log 考察/伏線/予想/謎/感想/まとめ

最後は4皇カイドウとの戦いが
描かれる

カイドウは、けた違いの強さをもっており
不死身である

しかも海軍・政府じゃ手に負えないので
ルフィ達でも倒せない

コイツを倒すには
特別な方法を使うしかない!

▼カイドウの倒し方

・モリアと手を組む
ルフィー、ロー、キット、+αで戦うが倒せない
ルフィー達の体力が限界で
絶対絶命のピンチの時モリアがカイドウの隙を見逃さず影を抜き取る
最後、ルフィー達の強烈な一撃が入り朝日を浴びて消える

出典Yahoo!の知恵袋

マジレスすれば、四皇同士で潰し合えば万事解決する。

出典【ワンピース】尾田栄一郎先生が告白!「カイドウの倒し方が思い付きません。」

ルフィは「カイドウの次は、ビッグマム!お前だ!!」と言ったので

再戦する可能性高い!

でもビッグマムは、子供の頃から
最強なので、倒せない恐れもある

展開を予想

ルフィはビッグマムと戦う

両者激しい戦いに!

ビッグマムは、ルフィとの戦いを喜んでいる

途中で黒ひげが邪魔に入る

ルフィとビッグマムは共闘!

黒ひげを追い払う

サンジは、あのケーキを作る

ビッグマムはそれを食べて、和解

マムはマザーカルメルの真実を知る

でも吹っ切れる

白ひげが言った

白ひげは
死に際にこう言った

「いつの日かその数百年の歴史を全て背負って」

「この世界に戦いを挑む者が現れる」

おそらく巨大王国の末裔が
政府に戦いを挑むと思われる

俺の予想では
おそらくドラゴンかルフィだろう

巨大な戦いを考察

この戦いはおそらく
革命軍VS世界政府になるでしょう

もし天竜人に宣戦布告すれば
それが火種となり、戦いが開幕します!

数百年の歴史を背負う者は、ドラゴン
エースの意思を継ぐ者はサボでしょうね。

サボは赤犬に恨みがあるので
絶対戦います!

もし革命軍が勝ったら
政府は無くなりません

なぜなら政府は、世界をまとめてる組織だからです

それが無くなるとかえって世界は混乱します

最悪の場合、加盟国同士で戦争が起きます【領土争い】

その代わり、天竜人が無くなり
世界は平和になります!


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35