桃うさぎ・ギオンの正体を特定~小紫の母、トキカケの姉【ワンピースネタバレ考察】


この記事は私がまとめました

※当チャンネルに影響を受けて、自分の説とする場合、当ページや動画へリンクをお願いします。

桃ウサギ・ギオンとは?

海軍中将で、つるの妹分ということは公式。
当チャンネルでは、つる(76)の実の妹だと考察。つると同様に76年くらい前に生まれ、同じく姉妹であるトキと共に時を超えたと分析。

本編ではワノ国編が始まる直前に登場した。(ワンピースでは、関係のあるキャラが、編の序盤で登場する)

つるの妹分にしては若い。
時を超えたからこそ、この姿だと言える。
ワンピースで若いキャラというのは、ボニーの能力で若返ったか、時を超えたからだが、作者としての理由は別にある。ズバリ、既出キャラの母親など、正体を隠したいからだ。作者は同時にヒントも入れる。「つるの妹分」という設定により、65年よりも以前に生まれたというヒントだ。

茶豚トキカケは弟

若い娘に対して軽く「お姉ちゃん」と呼んでいるのではなく、実の姉だからだと考察。
トキカケという名前は「時翔け」で、光月トキの弟だと考察。トキカケは1回以上、時を超えて、つるよりも若い姿。ギオンは少なくとも2回は時超えをしていると考察。

さり気なく、姉さんを付けているので実の姉だと考察。
ワンピースでは、義理に思わせる場合が実で、実に思わせている場合には義理が真相。

ちなみに、ガン・フォールの孫たちだと考察。ガン・フォールとギオンが兄弟姉妹で、ジーナとイトミミズはギオンやトキカケの親戚(大姪と大甥)となる。

ギオンの名前を分析

うさぎ → う(鵜)+さぎ(鷺)で鳥の名前。
ギオンを鏡に映すと、ギオという部分に「トキ」みたいな文字が登場。トキも鳥の名前で、「桃花鳥」とか「朱鷺」のような漢字。
つるも鳥の名前で、つる、トキ、トキカケ、ギオン、ガン(フォール)が兄弟姉妹だと考察できる。なお、ワノ国のお鶴の正体は光月トキ。

トキ本人で伏線回収。

【時系列】
1.おでんが死んだと思い込む
2.後夫として、錦えもんを迎える
3.これからはお鶴として生きると家臣に周知
4.焼け落ちる城で、おでんが生きていることを知り、城と共にすることを中止

遥か過去からという「噂」があるだけ。尾田トリックで、噂でしかないということ。同様なトリックに、「村の名簿」で独身・子無しとされたベルメールがいる。夫はモーガン、息子はヘルメッポが実態。

トキは生きているので、トキトキが他の人に渡った前提で語る説は全てガセ。(シャンクスとか小紫に渡った説)

ギオンの夫は3人

鬼ヶ島にいて、完全に鬼のような設定。正体は龍。
ギオンを妻とし、息子は鬼人のギンだと考察。

カイドウがワノ国に居座る理由の1つは、超絶美人の愛妻ギオンが忘れられないから。

なお、カイドウはリンリンをギオンの後に妻にし、ズコットやサンマルクの父親。

リンリン(68)をババアと呼ぶので63歳くらいだと考察。カイドウは白ひげやリンリンの次の世代だと語る小説もある(カタクリの父親として不適格)。時超えはしていない(していたら、モモの助が未来へ逃げたトリックがバレバレとなる)。若返ってもいないだろう(本来は年上ならば、若返ったとしても、リンリンをババアと呼ぶのは変)。

顔だけでなく、セリフが確実にオッサン。2年前の出来事。
現在27歳だと関連書籍で発表されたが、若返っただけの話。もしくは、18歳で子作りした後、母ちゃんのギオンと時超えをした。
ギオンとギンの名前が近いのは言うまでもない。
ギン→銀、カイドウ→銅

当時42歳のドン・クリークを「あんた」と呼ぶので、ギンの真の年齢は45歳くらいが的確。ボニーの若返り能力だろう(45年くらい前に生まれて、ギオンと一緒に時超えでもいいが、老け顔や考え方、クリークの呼び方は不自然)。

ギオンは時を超えることでカイドウから逃げ、レイリーと知り合い、子供を作ったと考察。戦桃丸が息子。

冥王レイリーが異名。一般用語の冥王はプルト(ハデス)で、プルトンのあったアラバスタと極めて強い繋がり。
レイリーはアラバスタの前王(現王コブラの父親)で、天竜人と同じ血筋だと考察。(若いレイリーは、ドフィと全く同じ髪だし)

当チャンネルでは、プリンがプルトンだと考察。プリンの父親はペルで、ペルの父親はレイリーだと分析している。

レイリーのような手技を使い、レイリーのように顔に傷がある。桃うさぎに対して、戦「桃」丸。

ギオンの刀は金毘羅(こんぴら)
伝記の金太郎の息子は金平(きんぴら)

戦桃丸の漢字にレイリーという文字が隠れている。
戦……「レ」のパーツ
木……「イ」のパーツ
兆……「リ」のパーツ
丸……「ー」のパーツ

黄猿ボルサリーノを「オジキ」と呼ぶが、実の叔父だと考察。レイリーの弟がボルサリーノ。ルの右側は「レ」というパーツで、サには「イ」のパーツがある。
ルサリー → レサリー → レイリー

将軍と言えば家康。ダジャレで殿康。
スキヤキという文字から棒を抜いて並び替えると、トノヤスになる。元々、ヤスという文字が共通。

太鼓持ちというのは、男の芸者のこと。小紫の父親として属性が完全一致。ムラサキとスキヤキの語呂も近い。

ギオンの前にも妻が居て、人魚バッキン(連れ子にモリア)。酒天丸を産むも、暴れん坊なので九里へ追放。モリアの支配から救ってくれたビッグマムから貰った養子が人魚デン(おでん)。しかし、マムの息子なので、やはり暴れん坊で追放。ギオンと再婚した。

ギオンの連れ子が戦桃丸だが、名付けの親がスキヤキ? 酒天丸という名前とも繋がる。

京都・祇園(ぎおん)というのは、京の芸者(芸子、舞妓)が集まる地。
小紫の正体は、光月家(元将軍家)の姫! 分家とはいえ、おでんやモモの助は身内。

かなり美人なギオンの娘なら、絶世の美女でも納得。
ギオンは、金毘羅(こんぴら)という刀を装備する剣士(武士)。小紫が武士の娘という伏線を回収。

光月日和という説はガセ。日和はお玉で決まり。

多くの人は先入観で父親が武士だと思うが、母親が武士というオチ。コツをつかむと、尾田トリックも結構、簡単。

もちろん、スキヤキが武士という解釈でもいい。将軍も武士(定義では帯刀を許された身分)の範疇(はんちゅう)だ。

ギオンはゾロの婆ちゃん!

ゾロは技で鳥と関係する。
鬼人のギンと鬼夫人アマンドの息子だと堅く考察。

ギオンは、金毘羅という名刀を愛用する剣士(武士)。ゾロの属性と一致。ゾロはロビンからは「Mr.ブシドー(武士道)」のように呼ばれていたが、先祖に武士がいるはず。ギオンこそがゾロの先祖となる武士。父も母も武士ではなく、祖父母にいる所が尾田トリック。

ゾロには鬼という技が多いが、鬼のイメージそのものであるカイドウが爺ちゃんだから。

ちなみに、母方の祖父母(アマンドの父母)はレイリーとリンリン。アマンドの「アからンの左上まで」鏡に映すと、レイリーという文字が出現。蛇首族というのは、身体の長い魚の魚人による遺伝。

ギオンの両親は?

出典ameblo.jp

つる、トキ、トキカケ、ガン・フォール、そしてギオンの母親だと考察。ゾンとオンの母音はonで一致。

つる達の父親(アマゾンの夫)はゴール・D・ロックスだと考察。

金毘羅という刀は、金という文字があり、ギオンはゴール・D一族だということ。もちろん、孫のゾロもDの一族。

ゾロのひい婆ちゃんがアマゾン。ゾンとゾロの語呂も近い。アマゾンにとってロビンも ひ孫(つるの息子クザンの娘)で、ナミは孫(フォールの娘)。

ギオンの経歴(当チャンネルの想像)

つる、トキ、トキカケ、ガン・フォールと共に76年前に誕生。
トキカケやトキと共に何度か時を超える。
45年くらい前、当時18歳くらいのカイドウに捕まるなどして鬼人のギンを出産。
時を飛んでカイドウから逃げる。
ギオンは姉のつると再会し、海軍に入隊。(つるのコネでアッと言う間に将校に)
レイリーと知り合い、戦桃丸を出産。
レイリーには捨てられ、ワノ国に漂着し、スキヤキの妻となって、小紫を出産。
追いかけてきたカイドウに蹂躙され、ギオンは(すでにゾロの父となっているギンを引き連れ)また時超え。
 ギオンが逃亡したという解釈でもいいし、スキヤキがそうするように促したという解釈もあり。
 スキヤキも未来に飛び、幼い小紫にとっては父も母も居なくなった。

※コビーはつるの孫息子。つるのコネでアッと言う間に将校に
※ギオンと戦桃丸は桃色、小紫は紫色、ギンは銀色と色の名前

他のパターンとしては、ハタチ頃のギオンも海軍所属で、その時にカイドウに捕まったという物語や、ギオンがカイドウにホレてもいい。

つるやトキは姉妹


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/busi/atz.tokyo/public_html/onepeace/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35